ウーマン

心の病気について学ぶ|こんな症状に注意しよう

患者との接し方

ハートを持つ医師

心の病気にかかってしまったら、クリニックなどで適切な治療を行うことが大切です。そして心の病気の治療で大切なのが、しっかりと休むことです。さらに、規則正しい生活を送ることも心の病気には有効だと考えられます。休むといっても、横になって寝るだけが休むことにはなりません。ストレスから離れた生活を送って、自然のリズムに合わせて、人間らしいシンプルな活動を送ることで、快方に向かうケースもあります。そういう意味では、忙しい生活を止めることが、休むという意味にもなります。家族や職場など周囲の協力体制も必要不可欠です。まず一番大切なのは、心の病気についての理解を深めることです。病院に行けば、より詳しい病名も分かり、治療することができます。病名を周りにしっかりと告げて、協力を仰ぐようにしましょう。患者に無理をさせず、負担をかけないような環境を作ることが重要です。患者本人は、休むことで罪悪感を感じたり、疎外感を持ってしまう場合もあるでしょう。あるいは、そんなことを気にするような余裕もないほど追い込まれている場合もあります。症状に合わせて、患者と向き合うようにしましょう。しかし、家族にとっては、サポートの限界もあるでしょう。共倒れになってしまうことは避けたいところです。場合によっては、本人が入院した方が良い場合もあるでしょう。特に、患者が自殺をほのめかしたり、自殺未遂をするようなことがあれば、すぐに入院させた方が良いのです。24時間つきっきりで患者を見守ることは、家族同士でも難しいことが多いからです。