心の病気とつきあうために正しい知識をつけましょう

心の病気について学ぶ|こんな症状に注意しよう

種類について

下を向く男性

一口に心の病気といっても、実にあらゆる種類の病気があります。うつ病や、アルコール依存症も分類されるでしょう。誰にでもなる可能性があるもです。身体にも深いダメージを及ぼす危険があります。手遅れになる前に早めに対策しましょう。

Read

原因を探り予防策を考える

診察室

心の病気を発症してしまう原因はなんでしょうか。環境によるものや、遺伝的要素が強い場合など人によってさまざまです。しかし、うつ病などが発症しやすい状況や傾向を知ることで、予防が可能な場合もあるでしょう。

Read

症状に気づく

カルテ

心の病気になることは、ある意味では避けられない場合もあります。つまり誰にでも心の病気にかかる可能性はあるのです。これといった明白な理由もなく、急に悲しくなってしまうことはありませんか。さらに、ネガティブな感情に支配され、抜けることができないときはないでしょうか。悲しくてどうしようもない経験は誰にでもあるでしょう。しかし原因があるからこそ、人は悲しくなることが普通です。越えられないと感じる具体的な問題があるので、対応できずに悲しくなったり、苦しんだりするのです。例えば、身近な人や大切な人が亡くなってしまった場合です。死は必ず誰にでも訪れます。大事な人を亡くした悲しみは本人にしかわからないほど強烈な喪失感や悲しみをもたらします。暗いトンネルに突然放り出され、光が見えないような状況に感じるかもしれません。しかし、多くの場合は、時間が経つともに少しずつ光が見えるようになります。自然に状況が改善されていくのです。それは、人間にとっては、忘れるという大切な機能が発揮するからです。亡くなってしまった大切な人の存在自体を忘れるのでは決してありません。過去に捕らわれすぎずに、少しずつ未来に向かって前を向けるようになり、過去の悲しみを忘れるように克服をしていくのです。しかし、心の病気には、忘れるということはありません。心の病気は治療をしながら、覚悟を決めて病気と向き合い付き合っていくことが必要です。一般的に、心の病気と呼ばれるものにはさまざまな種類があります。原因がわかっている病気もあります。しかし、身体の病気と違い、複雑な理由が絡みあい、単純にひとつの原因だけを解決すれば治るものでもありません。心の病気のそれぞれの特徴を知り、どのような治療法が有効かを知ることから始めてみましょう。心の病気の症状はさまざまです。冒頭のような原因不明の悲しみを感じる人もいるでしょう。さらに理由もなく不安な状態や、緊張状態が続く場合もあります。同じように、イライラした状態が終わらなかったり、怒りに支配されることもあります。こうした感情や気持ちに症状が表れるだけではなく、幻聴が聞こえたり、幻覚が見えるようなケースもあるでしょう。さらに、体調にも表れます。頭痛や疲労感、不眠や食欲減退などは、心の病気が引き起こしている起こる場合があるのです。それ以外にもドキドキと動悸がしたり、めまいがして息苦しく倒れてしまいそうに感じることもあります。どれも直接的な原因がわからずに、こうした現象に悩む場合は、早めに受診することをおすすめします。

治療方法

病棟

深刻な心の病気の症状の1つに自殺願望があります。最悪の結果を防ぐためにも、早い段階で、最適な治療方法を選択することが大切です。症状に気づき、病気を知ることで、道が開かれます。

Read

患者との接し方

ハートを持つ医師

心の病気を抱える患者と向き合うためには、大切なことがいくつかあります。まずは、病気への理解を深め、患者への負担を減らすような環境を作ることが大切です。重度の病気の場合は、入院も視野に入れましょう。

Read

サポート体制を整える

カウンセリング

心の病気を抱えた人が周囲にいたら、みんなに負担が少ないフォロー体制を整えた上でサポートをしましょう。病気への理解を深めることも大切ですが、特別扱いしすぎないことも求められます。

Read